ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告
FX研究 外国為替 トレード
<strong>FX外国為替</strong>外国為替証拠金取引の研究を楽しくやって行きましょう。ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZD円、南アフリカランド円
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FOMC利下げは0.25or0.5% ? ところが、
FX研究 外国為替トレード

ドル円は、何とか、なんだかんだで、雇用統計発表前の相場まで戻しま

したね。

今日は、115円を挟んだ方向感のない動きでした。

問題は明日の夜中3時のFOMCでしょうか?

既に、0.25%利下げを市場では織り込んでいます。

特に、NY株式市場では、織り込んでいる為最近何とか安定しています。

これが、0.5%利下げを期待している人もいるようです。

ここで、米金利下げの場合のNY株とドルの動きですが、

NY株---上昇   ドル---下落   (株と為替は反比例)

が一般的でした。

しかし、サブプライムローン問題で暴落した時は、


NY株--下落 = ドル円 下落 クロス円の下落 

NY株--上昇 = ドル円 上昇 クロス円も上昇

と 株と為替が正比例でした。

それでは、もし明日。0.5%利下げした場合は、

株、為替、ドル、ユーロ、クロス円はどうなるでしょうか?

トリシエさんのユーロは大変強気です。ドルとユーロの金利差がなくなってきます。


あさっての日銀は、また、据置きのようですね。国内政治の件もあるようですし。

また、米証券会社の決算発表が続くようですが、なんだコリャ-、

またサブプライムか! ということもあるかもしれません。

うーん、大変おもしろい週ですね。



FX外国為替研究 暴落時のチャート検証あり。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fx85.blog85.fc2.com/tb.php/86-f0249196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。